家族葬を行うメリットやデメリットを知ろう

家族葬は通常の葬儀に比べて、どういった部分が優れているのでしょうか。このメリットを把握しておくと、葬儀の形式をどうするか悩んだ時に役立ちます。そして同時にデメリットとなる部分も把握しておくと、スムーズな葬儀を行うために役立ってくれるでしょう。では、家族葬を行うメリットやデメリットにはいったいどのようなポイントがあるのでしょうか。

家族葬最大のメリットは、故人の身近な人達だけで葬儀を行えるという点です。親族など身近な人だけで葬儀を行いますから、通常の葬儀のように堅苦しい雰囲気ではなく、ゆったりとリラックスした雰囲気で葬儀を行う事ができます。親しい人たちに穏やかな雰囲気で見送られたいと考える故人も多くなってきており、そういった部分は家族葬だからこその大きなメリットとなっています。また、身近な人達だけで葬儀を行えるという事はこれ以外にもさまざまなメリットがあり、故人の希望に添った葬儀を行いやすいという点も大きなメリットです。

例えば故人が賑やかな葬儀で見送って欲しいと希望していたとしても、通常の葬儀ではさまざまな参列者がいらっしゃるため、どうしても厳かでしめやかな雰囲気の葬儀になってしまいます。しかし親族など故人と近しい人たちだけで葬儀を行う形式ならば、故人の希望に添った賑やかな葬儀をしやすくなるのではないでしょうか。そして会社関係の参列者が来ないという事は、故人のご家族が対応で忙しくなるという事もなく、ゆっくり故人との別れを偲ぶことができます。通常の葬儀ではどうしてもさまざまな参列者が訪れるため、ご家族がその対応に追われてしまいがちですが、家族葬ではそういった事がないのでゆったりとお別れができます。

一方でデメリットとして、家族葬のため参列できない方が御焼香だけでもと葬儀の後に訪ねてくる場合があり、その対応に追われる可能性があるという点が挙げられます。せっかく御焼香にいらしてくれた方を追い返しては失礼ですから、ご家族としてはきちんとしたおもてなし、返礼などを考えなくてはいけません。特に故人の交友関係が広かった場合、こういった弔問に訪れる方が多くなってしまう場合もありますので、場合によっては通常の葬儀よりも葬儀の後のさまざまな手間が増えてしまう事もあるでしょう。