家族葬を行う時に注意すべき点とは?

家族葬を行う際にまず注意しておくべきポイントはいくつかありますが、その中でも特に気を付けたいのが参列者を誰にするのか、そして参列しない人に対してどのように配慮すべきなのかという点です。家族葬は身近な人だけで葬儀を行うため、誰に参列してもらうのかを選ぶ必要があります。ですから参列者を誰にするのかを選ぶというのはとても重要で、あまり多くの人を呼んでしまっては家族葬にする意味がありませんし、かといって参列者が少なすぎても良くありません。ですから誰を呼んで誰を呼ばないのか、親族としてもどこまでの範囲で呼ぶことにするのかはきちんと考えておきましょう。

そしてこの時に参列者として呼ばない人を誰にするか、これも重要なポイントです。例えば故人と親しい間柄の人を呼ばなかった場合、葬儀の後にその人からなぜ呼ばなかったのかと抗議されてしまう可能性もあります。親しい人だけを呼んで葬儀を行うという形式だからこそ、呼ばれなかった人からすれば自分はそこまで親しいと思われていなかったのかとショックを受けてしまう事もあるでしょう。事前に故人との関係をきちんと確認しておいて、どこまで親しい間柄の方を参列者とするのか、これを決めておかなくてはいけません。そして、呼ばなかった場合はきちんとその方に対して訃報を届けた際に家族葬である、という事も伝えるようにしましょう。

また、身近な人だけで葬儀を行うのであまり周囲に葬儀の事を知られたくないという場合、葬儀の前に葬儀会社に相談しておいた方が良いでしょう。事前に相談しておく事でご遺体を搬送する時に、寝台車ではなく通常の車を用意してくれたり、時間帯の調整をしてあまり人目に付かない時間帯に訪問してくれたりといった調整をしてくれますから、葬儀の事をあまり周囲に知られたくないという場合に重宝します。きちんと事前にどのようにして欲しいのか、という要望を伝えておく事で葬儀会社は可能な範囲で最大限の譲歩をしてくれます。

家族葬は葬儀の準備などが通常の葬儀に比べて負担が少なく行える形式ですが、そのぶん参列者や周囲とのトラブルが起きやすいという面もあります。この形式の葬儀を行う際には、注意すべきポイントをきちんと把握して、喪主となっているご遺族の側でさまざまな注意点に配慮して葬儀の準備を行いましょう。